2010年04月01日

どちらの国向けの主張なんでしょうかね?



 日本が自国の領土を主張すること自体が間違いとするだけではただの感情論に終わってしまう。そろそろそういった切り捨て型の論法から離れた方が良いんじゃないかと思う。
 それともこの国が強く出るものには弱いという性質を狙っているのか?それも効果がないことは今までの経緯でわかってそうなものなのだが、ここもどこかの国と同じく、他の人が採った手法を逸脱しづらい国民性なのか?






posted by うらぢ at 00:18| Comment(0) | TrackBack(2) | 国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「日本は小学生にウソを教えている」、竹島問題で韓国首相
Excerpt: この問題は江戸時代が発端となっている。 江戸幕府と朝鮮の間でも問題にもなっていたようだ。(鬱陵島の件) 韓国人が主張することは怪しいことが多いし、竹島に関することで韓国が主張することもおかしい..
Weblog: 今日の出来事
Tracked: 2010-04-01 00:42

[教科書]大嘘を教えているのは誰だ
Excerpt: こういう人らを相手にするには、もはや強く出るしかないはずなんですが。 当ブログを
Weblog: BBRの雑記帳
Tracked: 2010-04-02 00:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。