2011年10月25日

西暦185年に現れた「客星」、残骸が大きく広がった理由を解明



 ローマではなく中国なんですね。184年に黄巾の乱が起こり、不穏な時代を象徴していたんだろうなと思わせる。と思っていたら、よく読むと天文学者が見つけたとあるから、そんな目立つものじゃないのか。


posted by うらぢ at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。