2011年05月02日

4月の読書

4月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:3109ページ

田中角栄の昭和 (朝日新書)田中角栄の昭和 (朝日新書)
政治と金の深さを感じた
読了日:04月25日 著者:保阪 正康
ビジネスに役立つ「商売の日本史」講義 (PHPビジネス新書)ビジネスに役立つ「商売の日本史」講義 (PHPビジネス新書)
読了日:04月20日 著者:藤野 英人
日本経済論―「国際競争力」という幻想 (NHK出版新書 340)日本経済論―「国際競争力」という幻想 (NHK出版新書 340)
言いたいことを引用で持ち出すことが多いせいかかえってぼやけている印象。あと、実例がまだ一部ではないのかと思わせる箇所もいくつか。で、景気回復はどうすればいいのかが見えてこなかった。
読了日:04月19日 著者:松原 隆一郎
戦後重大事件プロファイリング (宝島SUGOI文庫)戦後重大事件プロファイリング (宝島SUGOI文庫)
読了日:04月16日 著者:本橋 信宏
ローマ皇帝伝 下 (2) (岩波文庫 青 440-2)ローマ皇帝伝 下 (2) (岩波文庫 青 440-2)
読了日:04月14日 著者:スエトニウス
六韜 (中公文庫)六韜 (中公文庫)
読了日:04月11日 著者:
NHK テレビ3か月トピック英会話 2011年 03月号 [雑誌]NHK テレビ3か月トピック英会話 2011年 03月号 [雑誌]
読了日:04月09日 著者:
韓非子 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 中国の古典)韓非子 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 中国の古典)
手始めには本当にいいと思う。ページ数もさほどないことだし。
読了日:04月09日 著者:西川 靖二
ローマ皇帝伝 上 (岩波文庫 青 440-1)ローマ皇帝伝 上 (岩波文庫 青 440-1)
読了日:04月05日 著者:スエトニウス
記憶力が面白いほどつく本―コツを「ズバリ」教えます! (知的生きかた文庫)記憶力が面白いほどつく本―コツを「ズバリ」教えます! (知的生きかた文庫)
読了日:04月03日 著者:B. フィールディング
プロ野球解説者の嘘 (新潮新書 412)プロ野球解説者の嘘 (新潮新書 412)
数値を駆使した本がこれを機に増えてくれば、様々な発見があるかも知れない
読了日:04月03日 著者:小野 俊哉
リファクタリング―プログラムの体質改善テクニック (Object Technology Series)リファクタリング―プログラムの体質改善テクニック (Object Technology Series)
読了日:04月01日 著者:マーチン ファウラー,Martin Fowler,児玉 公信,平澤 章,友野 晶夫,梅沢 真史

読書メーター


ラベル:Book
posted by うらぢ at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

イタリアの国民投票は否決

  • 伊憲法改正案、国民投票で否決

  •  61.7%の反対票で成立せず。投票率は53.6%、と言うことは投票率は成立には関係ないってことか(あれば賛成多数だが成立せずという可能性が高い)。

  • 仏系証券に一部業務停止命令・空売り規制違反で金融庁

  •  空売り規制がまだ生きていることの証明。

  • タイ検察、与党と野党の解党提起へ

  •  選挙違反があったかはともかく、検察が政治にここまで政治に介入すべきだろうか?
    posted by うらぢ at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2006年06月15日

    ペルーほか

  • ペルー大統領選の結果確定

  •  ガルシア元大統領の得票率は52.6%だったらしく、すんなりと当確が決まったとは思えないくらいの差。それとも差が5%以上もあれば十分かな。

  • ロシア・グルジア首脳会談、溝埋まらず

  •  『共同で記者会見したプーチン大統領は紛争地域問題について「チェチェンのように住民の意見を尊重することが重要だ」と発言し、グルジア内のアブハジアと南オセチア地域の親ロ派独立勢力の支持を示唆した。』とか、経済的圧力を加えたり、権力誇示が目当てでしょうか?

  • エプソン、プリンターのトナー切れを自動検知

  •  囲い込みがうまく行くか?
    posted by うらぢ at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2006年06月07日

    カントリーファンド

    インド株、平均株価指数1万割れ・4ヶ月ぶり
     インデックス投信があればと思うんだが、今あるインド株投信は手数料が高いのが買いたくない原因の一つ。インデックスならコストが安いし、運用者の技術を考えなくても良いし。上場投信にしても人気がなさそうだけど(大証のカントリーファンドがその例か)。

    金融庁、投資ファンド規制の強化を検討
     こういう事件は規制を強化する上で絶好のタイミングとなる。このときマスコミで表立った批判をしないのが通例。
    posted by うらぢ at 02:13| Comment(3) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年11月21日

    ペイントハウス、新株予約券発行を中止

  • ペイントハウス、24日の新株予約権発行を中止

  •  ロータス投資事業組合から引き受けを断られたため、おそらく株価が1562円の払い込み価格を下回ったためと思われる。おそらく価格を引き下げての新株予約券発行をやるんじゃないかと。上場廃止が決まらなければだけど。明日の株価が気になるなあ。

  • 中国、米旅客機購入へ ボーイング737型70機 貿易不均衡解消図る

  •  これってボーイング機を買うことでエアバスとの競争が不均衡になっている。日本のボーイング偏重よりはマシかも知れませんが。

  • 米下院、バード修正法の撤廃可決 WTO違反

  •  昨日触れ忘れていたネタ。「2005年赤字削減法案」の中にこのバード修正法廃止を盛り込んでいるのだが、上院で提出している法案にはこの廃止を盛り込んでいないため両院協議会で協議することに。ただ下院でも217対215だったので、上院で通るのは厳しいかもというか、法案全体でって話だからこの廃止がどうのということでもないのか。
    posted by うらぢ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年11月13日

    エジプトの議会選挙

  • 江崎グリコ株を買い占め 米投資ファンド、12%超す

  •  スティール・パートナーズのことだが、買収となると敵対的TOBしてくるところだから本当に純投資かも知れない。PBRも1倍超えているし、特定株も49.8%と買収は難しい気がするなあ。

  • 朝日放送、第三者割当増資を実施

  •  系列間で持ち合うのも危機感の欠如という意味で問題かも。

  • 楽天元出店企業「規約変更は独禁法違反」・公取委に申告

  •  実際独禁法に違反するかは別問題として、ここのやり方が分かる話ではあるな。

  • エジプト人民議会選、1回目投票で野党党首のヌール氏落選

  •  与党国民民主党が現在31議席中26議席と相変わらずの強さ。とは言え、133議席分は決選投票になっているんだが。決選投票は15日に行われるとのこと。大統領選で次点だった野党ガッド党のアイマン・ヌール党首は落選した。現在9割の与党は結果どこまで占めることになるんだろうか?
    posted by うらぢ at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月06日

    日銀株急騰

     日銀は本日もストップ高。3日連続ストップ高だったため倍の2万円高まで許容範囲だったが関係なかったよう。4営業日で4万円上がっての103000円というのも急激なのだが、金融環境が良くなっている証左なんでしょうか?昔は結構高かったんだからねえ。(下チャート参照)

     イギリス保守党の党首選挙ってまだだったんだね。すっかり忘れていたよ。立候補したのはクラーク前財務相、リフキンド元外相、デービス「影の」内相、フォックス「影の」外相、キャメロン「影の」教育・技能相。ただ今回の党大会で2人に絞り、12月に決めるらしい。結構のんびりしている印象なんですが。保守党員対象の調査ではクラーク氏とデービス氏がトップを争っているようなので、この2人に絞られるか?
     ちなみに政党の支持率は最近労働党が保守党を40%対32%ほどで少し引き離されている印象。

     トヨタとスバル(富士重工業)が業務提携。トヨタが経営が低迷しているGMから株式を買い付ける形となっているが、ダイハツとの兼ね合いはどうするのか気になるなあ。

    8301_051005.gif
    posted by うらぢ at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月04日

    ドレスデン/村上ファンド

  • 独2大政党、4議席差に拡大・ドレスデンの議席確定

  •  やはりドレスデンはCDUの勝利。これでキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)は1議席増の226議席、SPDに4議席の差を付けた。とは言え、これで連立交渉がCDU・CSUの思惑通り行くかは別問題。しかしドイツの選挙制度ははっきりと解説してくれる記事がないため、小選挙区と比例代表とのバランスが分かりづらい。

  • 村上ファンド、阪神電鉄株の38%取得

  •  四季報みると今年3月時点で特定株は21.4%。これは上位10位までと役員持ち株、自社株を指しているが、阪急が15.3%、近鉄が19.3%、南海が16.2%、京阪20.0%と阪神だけが突出していたわけではない。1株当たりの純資産も325円と土地の含み益がどれくらいか分からないけど、現在の株価を超えることは考えにくいしなあ。ここまで出資する意味はやはり分からない。というわけでM&Aコンサルティングを覗いてみた。
    『弊社関連ファンドは、保有資産や事業業績に比して株価が低位にとどまっている会社に投資することを基本としており、阪神電鉄への投資もその一環であります。』
    ということだが。
    posted by うらぢ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月30日

    勝村建設、民事再生法申請

  • 勝村建、民事再生法を申請・10月末で上場廃止

  •  今年5月に役員の交代、減資による経営再建計画を策定したものの、7月の入札妨害による指名停止処分により頓挫。東証1部の倒産による上場廃止は今年初めて、昨年2月のキャッツ以来になるんだろうか?でも危なっかしい内容でも100円以上していたんだね。
    TDB東経
    1817_050929.gif



  • 日本技開株主総会、一時紛糾・議案はすべて可決

  •  夢真HDからの質問攻めにより紛糾したらしい。しかし採決方法を巡って紛糾ってどんなやりとりがあったのか?会社側の議案がすべて通過ということは、夢真側から取締役を投入って事はなかったのか。議案を出したかも分かりませんが。

  • <カネボウ>仏ロレアルが入札参加見送る 支援枠組み影響も

  •  『グループ本社が、世界的な事業展開の中で相乗効果が見いだせないと判断した。』ことが理由。いずれにせよ、海外勢が入札に勝つ確率は低そうなんだけど。


    posted by うらぢ at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月28日

    リクード、シャロンを信任

  • イスラエル与党、党首選前倒しせず・シャロン氏信任

  •  シャロン派とネタニヤフ派に分かれていたが、党首選を行わないとするシャロン派が約52%で投票に勝ったことから事実上の信任と受け取られているらしい。党首=首相ってわけでもないのか。

  • 「1票の格差」訴訟、訴えを却下 最高裁小法廷

  •  こちらは先日の在外選挙判決とは違い、衆議院の解散により訴えの利益が無くなったため却下されました。再び今回の選挙で訴えないといけませんが、自民党の大勝ちに終わっているだけに無効を訴える人が出てきて、また判断せざるを得ないでしょう。そう考えると無駄な事やっているようにも見える。
    posted by うらぢ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月27日

    タカラの買取請求したのは・・・

  • 複数政党制を検討 ベトナム共産党、政策転換

  •  隣国よりも早い対応で。全面解禁かどうかも含めて注目すべきところ。

  • タカラ、トミーとの合併に反対の株主から株買い取りへ

  •  タカラの発行済み株式数の7.3%に当たるため、買取請求したのは村上ファンドではないかと言われている。価格決定は株主と会社の協議を経て、決まらない場合は株主が裁判所に価格を決定するよう請求できるというもの。買取請求しても期待薄の気が。
    posted by うらぢ at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月25日

    大連立交渉

  • 独で首相輪番制案が浮上 4年の任期半分ずつ

  •  CDUと緑の党が連立交渉失敗ということで、残されたのはCDUとSDPの大連立くらいしかないのか。この2党はメルケルかシュレーダーかどちらを首相にするかで揉めているのだが、ならば2年で分けてしまおうという妥協案が出ている。これで良いのかという議論も出てくるのだろうけど、左派新党とSPDとのしこりが取れる気配が感じ取れないな。シュレーダーと左翼新党ラフォンテーヌ党首との対立関係の解消はただならぬ難しさがあるんだなと。
    オスカー・ラフォンテーヌ - Wikipedia

  • JTが露当局に勝訴 子会社への追徴課税「違法」

  •  ユコス社の例を見るとロシア政府に目を付けられると勝てなさそうと思ったのだが、これで確定なんだろか。16日の記事では最高仲裁裁判所に上告とあったので確定と見られるが。
    posted by うらぢ at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。