2010年11月07日

これで遊んでみる

話題の携帯向けOS「Android」をx86パソコンで動かしてみよう - 「Android」をx86パソコンで動かしてみよう:ITpro

いまコードをダウンロード中。javaの環境が違うのでそれに合わせるのと、cupcake→froyoに読み替えています。

うーん、Javaのバージョンは解決したけど、make usb_imgがうまくいかん。


posted by うらぢ at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

NetWalkerにankiを導入

 通勤中も勉強できるようにNetWalkerにAnkiを導入。以下簡単に手順をば。

1.ここからdebファイルを取得する。Ubuntuのパッケージにあるのは古いので、他のマシンのデータを同期することができない。これは不便なので最新版を取得するのが望ましい。

2.debファイルをNetwalkerのマシンにコピー。
 下記コマンドでインストールしようとしても、依存性でインストールできない。
 $ sudo dpkg -i anki_0.9.9.8.6-1_all.deb
 
 というわけで、必要なパッケージをapt-getで入手する。
 $ sudo apt-get install python-sip4-dev python-qt4-dev python-beautifulsoup python2.6-dev python-dev

 ankiがpythonで動いているのがよくわかる。

 ここで下記コマンドでインストールができるはず。(というかコンソールを見ると、上記のインストールで設定していたようだ)
 $ sudo dpkg -i anki_0.9.9.8.6-1_all.deb

これで勉強ができるようになるかな??



ラベル:NetWalker
posted by うらぢ at 00:30| Comment(2) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

再インストール中

 結局CentOSは再インストールすることにしました。その前にLiveCDを作成して、GUIはこのPCでも動きうることを確認したので。何故か、Ubuntu9.04とFedora9のLiveCDではGUIの起動まで至らなかったのが謎ですが。以前はこのPCにはUbuntuを入れていたはずなのだが。
 知りたかったのは再インストールすることなしに復帰できたかであるが、HDDの中身をLiveCDから探れない腕では時間がかかることであろう。多分。
 一応homeディレクトリはバックアップがあるのだが、どう復帰すれば良いのか??



ラベル:CentOS
posted by うらぢ at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

パニック

 CentOSがカーネルパニックを起こし、起動できない状態。LiveCDを作って今度、救ってみようかなと。1台無いと不便。というか最近3,4台動かす状態だったので、1台無くてもなんだけど、メイン2台のうちの1台だからなあ、痛い。

 単語帳ネットのデータをCSVファイルにするCGIを作ったのだが、需要は少ないだろうな。ただAnkiへのデータ移行も可能になった。
単語帳ネット【単語帳ソフトWebサイト】






posted by うらぢ at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

辞書導入

 使えるようになったNetWalkerをやや弄る。下記の本にもあるネット辞書の導入を行う。使用頻度が不明なので、タダで済ませることが目的。ビューアーはEBViewを使用。こちらはapt-getを使って容易にインストールが可能。あとは辞書コンテンツを導入なのだが、EPWING形式の無料辞書はまあありました。Vectorでは「PDD百科辞書(EPWING版) 0.3」と「EDICT2 (EPWING) 0.3」があり、これを導入。ネットががんがんに使えれば、Webで検索なのだが、バッテリの持ちもあるので、できるだけ使わないことを考えてだが、今のところは使い勝手がそれほどな気がします。
Vector:ダウンロード 汎用・データ > 文書作成 > 各種辞書

 あと、apt-getでWordNet3.0がインストール可能で、こちらは英英辞書なんですが、EBViewとは別にビューアも付いている。wnbで実行可能です。自分で英英辞書って使いこなせないことがよくわかりました。


NetWalkerガリガリ活用術―手のひらサイズのモバイルツールを使い倒す!

ラベル:NetWalker
posted by うらぢ at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

リカバリ成功

 シェルを触らなくてもリカバリディスクの作成に成功しました。何故失敗したかは謎ですが。これでNetWalkerが使えるようになりました。使い途はPDFリーダーやメモ帳代わりかな。emobileが使えるのは確認したのだが、そこまでネットを触りたいかといえば、そうでもないし。
 無理してUbuntuのバージョンを9.04にしなくてもいいかも、私の場合は9.10で成功しました。

 とりあえず、下記の本でいろいろ触ってみようかと。


NetWalkerガリガリ活用術―手のひらサイズのモバイルツールを使い倒す!

NetWalkerガリガリ活用術―手のひらサイズのモバイルツールを使い倒す!

  • 作者: 米田 聡
  • 出版社/メーカー: ソシム
  • 発売日: 2009/12
  • メディア: 単行本


ラベル:NetWalker
posted by うらぢ at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

ネトウォカ

 NetWalkerを入手したのだが、リカバリディスクを作る必要が出てきた。本体からはパスワードがわからないので、PCで作る必要があるのだが、昨日はいきなり失敗。理由は/dev/sdbではなく、/dev/sdcだったから。ここは突破したのだが、まだ展開で失敗する。どうもerr.logが悪さをしている模様。明日にでも無視するようにスクリプトを変造しますか。

参考サイト
モバイルUbuntu、NetWalker登場  リカバリーディスク製作編 その5 - Kapperのブログ - 楽天ブログ(Blog)



ラベル:NetWalker
posted by うらぢ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

RCSに触れてみる



 ちょっとしたCGIを作ったので、最初はSubVersionかCVSに履歴保存しようかと思ったのだが、魔が差してRCSを使った見たところ。一人だったら全然OKだということに気付いた。複数人だったら、他のソフトを使った方が良いのだろうけど、RCSの場合、最初の導入がciコマンドでチェックインするだけ。オプションないとチェックインと共に元ファイルが消えたり、普通にチェックアウトして書き込みモードでないからといって、chmodでパーミッションを変えたりすると、チェックインができなくなったりと戸惑うこともありましたが、先人達の知恵、Google先生によってあっさりと解決。今後はRCSを積極的に使っていこうかと。
 
 下記の書籍にはツールの一つとしてRCSが紹介されています。(CVSもあります)

UNIXプログラミングの道具箱―プロフェッショナルが明かす研ぎ澄まされたツール群の使いこなし

UNIXプログラミングの道具箱―プロフェッショナルが明かす研ぎ澄まされたツール群の使いこなし

  • 作者: 工藤 智行
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2004/06
  • メディア: 単行本



posted by うらぢ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

目覚しスクリプト

 Linuxを使って、目覚し時計スクリプトを作ってみた。なぜLinuxで作る必要があるかといえば、布団から出る必要があること、killコマンドを使って止めるため、すぐには止められない。以上より、使ってみて効果があるなと感じました。下記参考サイトを使って、スクリプトを作成したわけですが、ちょっと古いせいかそのままではなく変更を加えています。

以下、mezamashi.sh
#! /bin/sh

amixer set Master 80\% &
amixer set PCM 200 &
./alarm.sh
amixer -r

以下、alarm.sh
#! /bin/sh

while [ 1 ]
do
aplay ~/env/work/sh/bokan2.wav
done


bokan2.wavはネットに落ちているシューティングゲーム用の音源を使用しました(参考)。alarm.shを無限ループすることによって爆発音が鳴りつづける寸法です。
 わたしの場合、mezamashi.shをatコマンドで実行します。いつもこの時間というのが決まっていない場合はこの方法が有効だと思います。

(例)明日の7:00で起動させたい場合
# at -f mezamashi.sh 7:00 tomorrow



(参考)Linux目覚し計画

<追記>止め方を書くのを忘れていました。psでalarm.shのあるプロセス番号を見て、killコマンドで下記のようにして止めています。ひょっとしたらスマートな方法があるのかも知れません。
# kill <プロセス番号>




ラベル:SHELL
posted by うらぢ at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。